行楽

永観堂の紅葉ライトアップの混雑は見頃の時期や時間でどんな感じ?

2016/08/12

「秋は紅葉の永観堂」と昔から紅葉の美しさに定評があったのが永観堂です。最近では多くがやっている紅葉のライトアップも永観堂が先駆けといわれます。今回は永観堂の紅葉ライトアップの時期や時間での混み具合と見どころを紹介します。

スポンサードリンク
  

永観堂・紅葉ライトアップの混雑は?

お出かけの時期はいつ?

永観堂の紅葉の見頃は11月中旬から下旬になります。ほかの名所と比べるとピークとなる見頃の期間が少し短い傾向があります。ライトアップは11月上旬から12月上旬になっておりもちろんピークの前後までしっかりスケジュールに入っています。今年(2016年)だと11月8日の火曜日から12月4日の日曜日までです。

もっとも混雑が予想されるのは11月中旬の週末です。遠方の方は早めに予定をして色づきが悪いからと安易に変更できませんからピークになっている確率の高いタイミングを狙いますしね。予定に融通がつくなら天候を考えながら11月の早めのタイミングを狙うと良いでしょう。

ということで混雑を避けるという意味では前目の日程を選ぶことになりますが、ライトアップがスタートする直後だと紅葉の色づきもそれなりってことになりかねません。紅葉を見に行くそれもせっかく永観堂の紅葉ライトアップに出かけるならピークに見ておきたいもの。ようは混雑を覚悟で出かけるか少しでもゆっくり見たいのでピークを少しズラすかってことです。

都合がつくのであれば休日はさけて月~木の平日を選ぶことも混雑回避では有効です。あくまでマシって程度ですけどね。

口コミでも大行列には閉口したけど綺麗な紅葉に感動したって人は少なくないですし混雑してもみたい美しさなことは間違いありません。

時間は?

永観堂では昼の拝観と夜のライトアップで入れ替えがなされます。混雑の最大のポイントはライトアップの開門時間で受付の待ち時間です。17時30分について受付が大行列になっていてあまりの混雑に諦める人もいます。開門すぐに入場するつもりなら受付17時30分ではなくて最低でも17時を目安にスケジュールを組みましょう。30分早いだけでもだいぶ印象はかわります。

スケジュールに余裕があるかたは、受付が終わる時間帯を狙うとだいぶ混雑はおさまります。開門直後などは受付の行列のまま境内をしばらく動くような錯覚を起こすほどですからね。

永観堂の紅葉ライトアップでは決まった散策ルートありません。それぞれ思い思いに境内を巡ることになります。所要時間は、早い人だと60分くらいじっくり過ごす方で90分くらいになります。

最終の受付は20時30分ですから散策の時間を考えて予定を組んでみましょう。

スポンサードリンク

アクセスは?

バスで出かける方が多いですね。JR京都駅から市バス5系統で「南禅寺永観堂道」下車し徒歩3分になります。通常だと30分ちょいといった感じですがライトアップのタイミングは市内が渋滞する時間帯になりますので時間に余裕を持っておくことをおすすめします。

最寄り駅の蹴上駅からは歩いて15分ほどです。京都駅からだと地下鉄烏丸線で烏丸御池駅に行って地下鉄東西線六地蔵方面行きに乗り換えて蹴上駅で下車です。乗り換えがスムーズなら15分程の行程です。

足に不安がないなら時間が読みやすい徒歩で向かうと良いでしょう。

永観堂・紅葉ライトアップの見どころ

永観堂ではイロハモミジ、ヤマモミジなど約3000本の紅葉を600基の照明でライトアップします。古今和歌集にも歌われた御影堂の裏手の岩崖地に広がる岩垣紅葉と多宝塔は必見です。

大玄関前

中門からしばらく行くと大玄関付近から広がる紅葉を見ることができます。多宝塔の方向もしっかり確認してくださいね。

石畳の道

大玄関の先には石畳の道があります。灯籠が並べられ照らされる石畳の両脇にライトアップされた紅葉が並ぶ光景になります。

阿弥陀堂

阿弥陀如来立像が安置される阿弥陀堂は極楽浄土が色彩で表現された装飾があり紅葉の真紅とのコラボが印象的ですよ。

極楽橋

極楽橋の上からは放生池の中心にある弁天社を飾るような紅葉が広がります光景が見られます。池に映る弁天社に掛かる橋や紅葉も見どころです。

画仙堂

画仙堂の周辺からは多宝塔を見上げましょう。ライトアップされた岩垣紅葉に囲まれる多宝塔が東山に浮かび上がるような幻想的な絶景が楽しめます。

みかえり茶屋

みたらし団子やお茶で一服できるみかえり茶屋はライトアップのときも営業していますよ。紅葉の広がる見事な日本庭園をみながらゆっくり至高の時間が過ごせます。

永観堂の住所など

住所

京都府京都市 左京区永観堂町48
075-761-0007

拝観時間

寺宝展 9:00~16:00(17:00閉門)
ライトアップ 17:30~20:30(21:00閉門)

拝観料

寺宝展 大人1000円 小中高生400円
ライトアップ 中学生以上600円

ライトアップ時の昼には、寺宝展があります。寺宝展は貴重な重要文化財が見学できるまたとない機会になります。寺宝展とライトアップは入替制で、継続しての拝観はできません。

さいごに

約2週間くらいしかピークはありませんから混雑は必至です。それでも見たいのがまさに「秋は紅葉の永観堂 」なんです。少しでも混雑を避けるなら月~木の20時頃でしょうか。予定を組まれる方はご参考にしてください。

京都の紅葉の見頃の時期は?混雑状況やライトアップ見どころ記事まとめ

スポンサードリンク

-行楽
-, ,