行楽

宝厳院の紅葉ライトアップの見頃や混雑を時期や時間でチェック

2016/08/12

宝厳院は春と秋だけ特別に一般公開されることもあって紅葉が人気の京都・嵐山でも屈指の紅葉スポットになります。約700基の照明で照らされ紅葉に染まる獅子吼の庭は必見です。今回は宝厳院の紅葉ライトアップの見頃や混雑状況、見どころを紹介します。

スポンサードリンク
  

宝厳院の紅葉ライトアップの混雑状況は?

時期

宝厳院の紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬になります。ライトアップも11月中旬から12月上旬で予定されます。今年(2016年)は11月11日の金曜日から12月4日の日曜日になります。

宝厳院は通常、非公開なので公開される春と秋には多くの人が訪れます。京都の紅葉といえば嵐山という方も多く混雑必死のスポットです。

それでもライトアップが始まる1週間くらいは若干ゆっくり廻ることができます。紅葉が色づき始めるかどうかって頃でピークはちょっと先になるからです。

紅葉の見頃にはちょっと早いので混雑を避けるか紅葉のピークは外れますが獅子吼の庭をゆっくりみるかって感じになります。

時間

ライトアップは17時30分にスタートし20時30分までになります。混雑のピークとなるのはスタート当初で拝観券を購入する行列になります。およそ30分くらいは並ぶでしょう。ピーク時期の週末だともっと長くなる可能性大です。

嵐電の四条大宮、帷子ノ辻、嵐山、北野白梅町の4駅で販売される宝厳院夜間拝観セット券を予め購入しておくとこの列には並ばずに済むのでかなりスムーズになります。ライトアップスタート後すぐに行くなら購入しておくと良いでしょう。

混雑を避けゆっくり見たいなら遅めの時間を狙うことになります。17時頃に行って行列の前目に並んでおく方法もありますが並ぶ時間自体はそれほど変わりませんし、境内に入っても混雑しちゃいます。それだったらスタート後に入った人たちが帰るころの方がゆっくり見ることが出来ますからね。

宝厳院の紅葉ライトアップの所要時間は概ね60分ほどになります。混雑しているともう少しかかるでしょう。

スポンサードリンク

アクセス

最寄り駅は嵐電「嵐山駅」より徒歩3分ほどです。その他にもJR「嵯峨嵐山駅」から徒歩10分、阪急「嵐山駅」から徒歩10分で電車でのアクセスしやすいです。帰りは混雑しますから、始発駅になる嵐電か阪急を利用するとよいでしょう。

宝厳院の紅葉ライトアップの見どころ

獅子吼の庭

獅子吼の庭は嵐山の景観を巧みに取り入れた借景回遊式庭園です。宝厳院の紅葉ライトアップは、紅葉に染まる獅子吼の庭を巡ることになります。

「三尊石」の上に神秘的に広がる紅葉、青白く浮かび上がる「碧岩」獅子の顔をしているという「獅子岩」など巨石と紅葉のコラボレーション、登竜門の起源と言われる滝の激流を登った鯉が龍になるという伝説を表す「瀧門瀑」など広大な敷地に見どころも多いです。

「獅子吼」とは仏が説法するという意味です。庭園を散策し鳥の声。風の音を聴くことで人生を見つめ心を癒やすお庭なんですね。五感で庭を見て感じて楽しみましょう。

参道

獅子吼の庭をぐるりと一周りすると露地行灯が優しく灯る山門から出口まで参道を歩きます。

参道は両脇からせり出すように頭上を紅葉が覆いトンネルのようになっています。紅葉の並木道は50メートルほど続きます。混雑時などは頭上の綺麗な紅葉に気を取られているとぶつかっちゃうので気をつけてくださいね。

宝厳院の住所など

住所

京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
075-861-0091

拝観時間

秋の特別拝観
9:00~17:00(本堂16:30/庭園16:45で受付終了)

秋の夜間特別拝観
17:30~20:30閉門(本堂20:00/庭園20:15で受付終了)

拝観料

秋の特別拝観
大人500円 小中学生300円
宝厳院・弘源寺割引共通券900円
※宝厳院本堂特別公開:
別途志納料(大人500円・小中学生300円)が必要です。

秋の夜間特別拝観
大人600円 小中学生300円
※宝厳院本堂特別公開:
別途志納料(大人500円・小中学生300円)が必要です。

さいごに

巨石がダイナミックに配置される獅子吼の庭の迫力とライトアップされ真紅に輝くような紅葉の幻想的な光景を五感で楽しんでくださいね。

京都の紅葉の見頃の時期は?混雑状況やライトアップ見どころ記事まとめ

スポンサードリンク

-行楽
-, ,