行楽

北野天満宮の紅葉ライトアップの見頃の時期は?混雑はどんな感じ?

2016/08/12

北野天満宮は学問の神様・菅原道真公を祀っている神社です。京都の有数の梅の名所として知られていますが紅葉も見逃せないスポットなんですよ。京都の紅葉ライトアップの中では比較的混雑が少ないのでゆっくり紅葉ライトアップを楽しみたい方にはおすすめです。今回は北野天満宮の紅葉ライトアップの見頃や混雑状況、見どころを紹介します。

スポンサードリンク
  

北野天満宮の紅葉ライトアップの見頃や混雑は?

時期

北野天満宮の紅葉の見頃は11月上旬から12月上旬になります。ライトアップは11月中旬から12月の上旬にかけて行われます。

北野天満宮は梅の印象が強いせいかほかの京都の紅葉の名所に比べると混雑は少ない傾向があります。しっかりピークのタイミングを見計らって行きたいですね。

去年(2015年)は暑い日が多かったせいで紅葉の色づきが遅れ11月下旬から一部見頃になった感じでした。その前の年は11月下旬では見頃のピークから散り始めるくらいといった感じです。旅行などで早めにスケジュールを組む場合は11月下旬であれば紅葉の色づきの早い年も遅い年もある程度は楽しめるはずです。

時間

ライトアップは日没とともにはじまり20時までになります。北野天満宮は昼の参拝とライトアップで入れ替えがありません。日没の前に境内を散策しつつライトアップの少し前にもみじ苑に行かれることをおすすめします。昼とライトアップの紅葉の雰囲気の違いが楽しめますよ。

北野天満宮のもみじ苑の所要時間は30分からゆっくりでも60分足らずで廻ることできます。歩きやすく整備もされているのも嬉しいです。苑内の茶店で美味しい茶菓子をいただきながらゆっくりライトアップに浮かぶ紅葉を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

アクセス

JR京都駅より市バス50・101系統、地下鉄今出川駅より市バス51・102・203系統、京阪三条駅より市バス10系統、阪急大宮駅より市バス55系統などを使って北野天満宮前バス停下車しすぐです。

紅葉のシーズンは京都を訪れる人が多い時期です。京都観光ではバスを利用することが多く、京都市内の中心街を巡るので渋滞にも合いやすいです。スケジュールは余裕を持って立てておきましょう。

北野天満宮の紅葉ライトアップの見どころ

梅交軒

もみじ苑の入り口の手前にあるのが梅交軒です。北野天満宮の境内には梅が多く紅葉があまり見たらずアレ?って思うかもしれません。もちろんもみじ苑が近づいてくればそんな気分も忘れるでしょう。梅交軒にある舞台からの眺めは抜群でやっぱ来てよかった!ってなるはず。もみじ苑への期待が一気に膨らむ場所でもあります。

もみじ苑

もみじ苑の入り口で受付をしたら、鶯橋を渡り散策路に向かいます。

もみじ苑では、紙屋川の両岸にライトアップされた紅葉が広がります。背後に見えるライトアップで朱く輝くような鶯橋と紅葉のコラボレーションは見逃せません。中ほどには樹齢400年とも言われる「三叉の紅葉」があります。その名と通り幹が3つに分かれていています。

竹林と紅葉

紙屋川沿いを進むと竹林が広がっています。竹の緑と紅葉の赤のコントラストが美しい場所です。

北野天満宮の住所など

住所

京都市上京区馬喰町
075-461-0005

拝観時間

10:00~16:00(ライトアップ時は20:00まで)

拝観料

境内は無料。

もみじ苑の入苑料
大人700円・こども350円(茶菓子付き)

さいごに

境内にいる牛の像「なで牛」を撫でた手で自分の頭を撫でると賢くなるそうです。みつけたらやってみてくださいね。

京都の紅葉の見頃の時期は?混雑状況やライトアップ見どころ記事まとめ

スポンサードリンク

-行楽
-, ,