行楽

金戒光明寺の紅葉の見頃とライトアップや混雑状況、見どころを紹介

2016/08/12

「くろ谷さん」と呼ばれ地元で親しまれているのが金戒光明寺です。新選組の発祥の地ということもあるせいか映画やドラマで取り上げられることも多く実際に目にされると見覚えのある方も多いかもしれません。この金戒光明寺は紅葉の美しいスポットでもあります。今回は金戒光明寺の紅葉の見頃やライトアップ、混雑状況、見どころを紹介します。

スポンサードリンク
  

金戒光明寺の紅葉の見頃や混雑状況

時期

金戒光明寺の紅葉の見頃は11月上旬から12月上旬あたりになります。2014年から始まったライトアップは11月中旬から下旬まで行われています。ライトアップの終盤に出かけると紅葉がすすみ真っ赤なカエデに出会える確率が高そうです。

時間

金戒光明寺は、京都の他の紅葉の名所と比較すると混雑は少なめです。ただライトアップとなるとやはり相応の混雑が見られました。ここ2年のライトアップでは開始時間から2時間くらいは混雑していていましたね。混雑を避けるなら早く気た人が帰る遅めの時間帯が良いでしょう。ライトアップは17時30分から20時30分になります。

所要時間は、境内だけでなく大方丈・紫雲の庭など特別拝観となる場所をゆっくり見て廻ると90分程度かかります。昼の拝観では境内だけ見て廻るなら無料ですが、やはり秋の特別公開の大方丈・紫雲の庭といった見どころは外せませんよ。

アクセス

京都駅より市バス100系統に乗り岡崎道バス停下車し徒歩10分になります。京阪鴨東線神宮丸太町駅からは徒歩30分弱になります。京都観光ではバスを利用される方が多く混雑します。足に不安がなければ丸太町駅を利用するほうが時間が読みやすくスムーズかもしれません。

銀閣寺、哲学の道を巡るコースや南禅寺天授庵、永観堂を巡るコースなど近隣にも紅葉の美しいスポットも目白押しなのでいろいろとコースの選択肢は多いですよ。

スポンサードリンク

金戒光明寺の紅葉の見どころ

大方丈

南には枯山水庭園、東には紫雲の庭が広がります。白砂、杉苔、紅葉の白緑赤のコントラストが美しい紫雲の庭をじっくり眺めましょう。普段は公開されていない諸見の間など大方丈の内部もしっかり見ておきたいところです。

紫雲の庭

紫雲の庭では池の周りをぐるりと1周できます。池の奥から眺める大方丈はライトアップされ池に映る紅葉とのコラボレーションが絶景は忘れずにチェックしておきましょう。

石畳の参道

大方丈から女坂を抜けた先にある石畳の参道はライトアップされると参道の両脇から真っ赤なカエデが頭上にせり出すように広がりとても雰囲気の良い通りになります。

三門~石段

三門の拝観は昼のみですが、ライトアップでも重厚な三門を染める真紅のカエデは見どころ十分です。この三門やその後に続く石段は「鴨川ホルモー」や多くの新選組を題材にした映画やドラマで使用されており見覚えのある方も多いかもしれません。

金戒光明寺の住所など

住所

京都市左京区黒谷町121
075-771-2204

拝観時間

09:00-16:00

ライトアップ
17:30~20:30

拝観料

志納

特別拝観
御影堂・大方丈・庭園:大人600円/小学生300円
山門:大人800円/小学生400円
御影堂・大方丈・庭園・山門セット券:大人1200円/小学生600円

夜間拝観(ライトアップ)
御影堂・大方丈・庭園/「紫雲の庭」*夜間拝観では山門は特別公開されません。
大人800円/小学生400円

さいごに

新選組や幕末が好きなら訪れておきたいお寺ですね。京都の紅葉スポットとしては比較的混雑が少ないのもポイントが高いです。

京都の紅葉の見頃の時期は?混雑状況やライトアップ見どころ記事まとめ

スポンサードリンク

-行楽
-, ,