夏の話題

梅雨のくせ毛対策は、ストパーと縮毛矯正?ヘアアレンジは?

2016/05/16

梅雨の時期になると、くせ毛は大変すぎなんです。朝起きたときにはうねる感じで横に広がるわボサボサになるわとセットが大変すぎて憂鬱になりますよね。今回は鬱陶しい梅雨の時期のくせ毛対策となるストレートパーマ、縮毛矯正の違いやヘアアレンジについてです。

スポンサードリンク
  

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマ

ストレートパーマは本来パーマされた髪をストレートに戻すパーマのことをいいます。普通のパーマと同じく薬剤をします。パーマを戻しているのであって、くせを伸ばしてる訳ではないんですね。

パーマをかけているけど梅雨の湿気でまとまらないかた、髪を伸ばしているところのかたや髪型を頻繁に変えるかたにおすすめです。毛先だけ軽く丸めて根本のボリュームを抑えるスタイルなどですね。

料金は安いところで4000円くらいからありますが、髪の状態をみて施術してくれるサロンで10000円弱を見たほうがいいでしょう。

縮毛矯正

こちらは薬剤に加えて熱でくせ毛を直していきます。天然パーマをまっすぐにっていうとこちらになります。半日がかりにはなりますがサラサラのストレートに仕上げることが可能です。

注意点とすれば薬剤と熱を使うのでパーマ以上に髪を痛めることでしょう。また使う薬剤の違いや美容師さんの技術で仕上がりに差がかなりでることも注意しておきたいですね。

料金は10000円から20000円くらいになります。美容師さんの技術がかなり重要なことから料金以上に評判や口コミを重視したいところです。

スポンサードリンク

ストレートパーマと縮毛矯正では似ているようで違いがあります。パーマで傷んでくせ毛になっているのを縮毛矯正してしまうと相当なダメージを髪に残します。自分の髪の状態を理解してもらえるように美容師さんに相談しましょう。

梅雨をヘアケア/ヘアアレンジでのりきりたい

ストレートパーマや縮毛矯正は、髪のダメージが心配というかたや、なんとか鬱陶しい梅雨がのりきれたらいいってかたもいるでしょうね。

梅雨時期にくせ毛が目立つのは湿気の影響が大です。そのためにスタイリング剤で水分を与え過ぎないことが大事です。セットはキープするというより、こまめにブラッシングして修正をかけることを考えましょう。がっちり固めるより遊びというか崩せる部分を残しておくんですね。これだけでもくせ毛を目立たなくすることができます。

スタイリング剤もヘアムースやスプレーよりヘアワックス、ハードタイプでがっちり固めるんじゃなくて、ナチュラルタイプで手櫛で髪を整えられるくらいを考えましょう。

究極の対策としては、くせ毛を活かしたヘアアレンジにしてしまうことです。立体的なカット、髪の流れを活かしたカットを得意とする美容師さんにお願いしましょう。さすがにロングだと日々のケアの難易度上がりますがボブくらいなら自分でも結構いい感じにキープできますよ。

さいごに

最近は縮毛矯正が以前と比べればお安くなってきていますし、ストレートパーマがメニューにないサロンも増えてきました。とはいえ縮毛矯正したあと伸びてくるのはもちろん元の髪質ですし、のちのちのケアがどれくらい大変かもよく考えたいところですね。今回は梅雨のくせ毛対策を紹介しました。

ツヤ髪にする方法を知って美容院でやってもらったみたいに!

スポンサードリンク

-夏の話題
-