夏の話題

甚平の作り方で注意するのは?手順を覚えれば大人用も子供用もOK!

夏になると大人にも子供にも人気なのが甚平です。最近は父の日のプレゼントも定番になってますね。そんな甚平の作り方ですが手順自体はそれほど複雑じゃないんです。いくつかポイントをおさえればお裁縫が学校の家庭科レベルでもOKですよ。甚平の作り方の注意点を紹介します。

スポンサードリンク
  

型紙選び

一番初めに型紙を準備します。ホントは作りたい方のサイズを測って型紙を作れば良いんでしょうが無難に型紙を入手しましょう。家庭科レベルだと型紙をおこすのはちょっと大変ですから。

無料で型紙を入手する

インターネットで検索してダウンロードする
図書館で型紙が付いている雑誌、本を借りる

購入する。

イオンなど量販店
トーカイ、ユザワヤなど手芸店
楽天などネットショップ

入手先はこんな感じです。生地を購入するときに店員さんに相談できる手芸店や生地とセットになっているものだと楽ですね。インターネットで探すなら写真で作り方も一緒に紹介している所が良いでしょう。

生地選び

子供用や寝間着の甚平なら汗を吸いやすく乾きも早い綿100%の生地がオススメです。表面の凸凹のあるリップル生地やサッカー生地が肌触りもよく人気ですね。赤ちゃん用に手ぬぐいを選ぶのもありです。

リップル生地

生地を部分的に強く縮ませてさざなみ(=リップル)のように凸凹した風合いにした生地。

スポンサードリンク
サッカー生地

しじら織りとも言われる。2種類の経糸を使うことで交互に平面的な生地と凸凹のシワが並ぶ生地。

手ぬぐい

最近は100均でもおしゃれなものが増えていますね。赤ちゃん用の甚平では2~3枚使用します。

素材も柄も基本的に気にいったもので大丈夫ですが、柄の向きがあるものは上下逆さまになったりと注意が必要になります。柄合わせの必要のない生地のほうがより簡単なのはいうまでもありませんね。

生地をアイロン掛けする

型紙で生地をカットする前にアイロン掛けして生地の伸び縮みを押さえてカットしやすくしてあげましょう。ただし凸凹のある生地を使う場合が凸凹をつぶさないようにタオルを敷くなどしてあげます。

ミシンの扱いについて

ミシンは手軽に使える反面、失敗した時は糸をほどいたりが面倒が大きいです。赤ちゃんや小さいお子さん用なら手縫いでも十分できますよ。

ミシンを使う場合も直線が多いからと一気にやってしまおうと思わずに難しい曲線だけは手縫いするなど使い分けしてあげると失敗がないですね。

それでも自信の無い方は、しつけ糸で仮縫いするか100均とかでも売ってるアイロンでできる仮止めのテープを使ってやるといいでしょう。

さいごに

多少見栄えが悪くても手作りは嬉しいものです。親子でお揃いにするのも可愛いですよ。ぜひ素敵な甚平を作ってくださいね。

スポンサードリンク

-夏の話題
-, ,