食べ物

新茶の季節がやってきた!おいしい入れ方や保存方法を紹介

新茶の時期になると美味しいお茶をいただいてほっこりするのいいですね。ちょうどGWも明けて忙しいのが一段落する季節というのもあるのかな。今回は新茶とは何?ってところからおいしい入れ方、保存方法まで新茶についてです。

スポンサードリンク
  

新茶とは

新茶とはその年に摘まれる最初の柔らかい新芽でつくる一番茶のことです。

日本においては5月頃、7月頃、8月頃、10月頃の4回お茶摘みされる時期があり、それぞれ1番茶、2番茶、3番茶、4番茶と呼ばれます。

昔から八十八夜に摘まれるお茶を飲むと無病息災でいられるといわれ不老長寿の縁起物とされています。八十八夜は、立春から数えて88日めにあたる5月2日頃になります。そう1番茶ですね。冬を乗り越え蓄えられた栄養が新芽にたくさん含まれているからなのかもしれませんね。

ということで5月ころに摘まれる1番茶が新茶となるので、時間がたっても新茶は新茶ということになります。ただ売っている新茶シールを貼っている商品に関しては8月いっぱいくらいで引き上げてしまうのが慣習だそうです。9月にスーパーで安売りされている茶をみつけたらそういう理由の新茶かもしれませんね。

新茶の香りや風味を守る保存法は?

ポイントは4つあって『高温を防ぐ 』『湿気を防ぐ 』『移り香を防ぐ 』『光で変色するのを防ぐ 』となります。

購入した袋を輪ゴムやクリップで封をして茶缶にしまいます。茶缶がない場合はタッパーなど密閉できる容器が良いでしょう。昔ながらの保存方法ですが4つのポイントがしっかりおさえられてますね。

スポンサードリンク

普段使いのお茶ならこれで十分ですが、高級な新茶を長持ちさせたいときはどうするかというと、ずばり小分けにして冷蔵庫/冷凍庫を利用します。

お茶のカテキンが冷蔵庫の消臭剤に使われるくらいですから、しっかり密閉することで冷蔵庫の匂いを移さないように注意しましょう。そしてもうひとつ大事なポイントが開封するときには室温に戻すということ。これは密閉されていない状態で空気に触れると結露してせっかくのお茶が湿気てしまうんですね。

冷蔵庫で2-3ヶ月、冷凍庫なら半年くらいは大丈夫です。とはいえ新茶は香り・風味が命、なるべく賞味期限に合わせて飲まれる事をお勧めします

新茶のおいしい入れ方

新茶の特徴といえばやはり香り。さわやかでスッとするようでそれこそ若葉を感じさせますよね。2番茶以降と比較して1番茶はカテキン、カフェインが少ないので渋みや苦味がおさえられ、旨味の元となるテアニンは多いのでまろやかで飲みやすくなっているんですよ。

新茶をおいしく入れるには、沸騰した状態ではなく80℃くらいの少し冷ましたお湯を使います。そうすることで新茶のさわやかな味わいが引き出されるんですね。お湯を注いでから急須の蓋をしたら30秒から1分程度待って湯飲みに注ぎます。お茶の濃さが均等になるように少しづつ順番に注ぎましょう。そして急須の最後の一滴まで残さず注ぎ切るのも大事なポイントです。

さいごに

最近はお茶ミルでパウダー状にして新茶の栄養まるごと頂いちゃおうってかたも多いですけど、やっぱ急須でいれたお茶をまったりいただくのが好きだなぁ。

スポンサードリンク

-食べ物
-