生活

衣替えどうしてる?時期は?収納or断捨離?やり方とコツを紹介

衣替えってめんどうですね。必要ない!って言える量なら良いんですけど、クローゼットがコートやジャケットでギュウギュウで…というならえいやっ!と衣替えのタイミングで断捨離しちゃうことをおすすめします。量が減れば衣替えも楽ちんになりますよ。今回は衣替えで断捨離と収納のコツをお届けします。

スポンサードリンク
  

時期はいつ?

官公庁や学校では、6月1日と10月1日と決まっていて一斉に衣替えが行われますね。ただ温暖化の影響もありかなり早い時期から半袖を着てたりしますし、最近は5月頃から夏服に衣替えさせる学校も少なくないとか。

失敗しない衣替えの時期を考えるのに天気予報で最高気温を目安にすることができます。

15℃以下 冬物 ( 半袖→長袖)
15-20℃ 秋物セーターや羽織るものが必要
20℃以上 夏物( 長袖→半袖)

概ねこんな感じの気温になってきたら、衣替えを考えるタイミングですよ。

夏物への衣替えが早くてゴールデンウィーク遅くとも梅雨前に、コート、セーターなどの冬物への衣替えは11月の連休あたりになるでしょうか。

収納するか断舎離するか

最近は、ミニマリストといって物を持たないとにかく無駄を削ぎ落としたシンプルライフを目指す方も少なくありません。

ミニマリストはちょっとやり過ぎと感じますけど衣替えの時期ってまさに断捨離で荷物を大きく減らすチャンスでもあるんです。収納する前に衣類の整理も合わせてやっちゃいましょう。

スポンサードリンク

服を仕分けして、いらない服はないかチェックしましょう。収納してある服もいったんすべて取り出して仕分けします。

思い切って減らすならワンシーズンそうでなくとも3年着てない服は処分の対象です。お気に入りで大事にしまってあるあの服も、よくよく考えたらデザインが古臭くてもう着ないとかどんどん処分しちゃうことをおすすめします。

ブランド品で程度の良いものは買い取りに出したらちょっとしたお小遣いになりますよ。

収納のコツ

仕分けして厳選された服を収納していくわけですが、着る季節や頻度に合わせてわけてやるのが収納の最大のコツです。

春夏/秋冬に着る
真夏にしか着ない
真冬にしか着ない
年中着る

このようなシーン毎に収納することで、衣替えが一気にできるようになりますよ。収納ケースには何を入れているかわかるようにラベルを貼ったりスマホで写真をとって貼り付けるとわかりやすいです。

収納まえにはきちんと洗濯しておきます。Yシャツの襟が黄色くなったりTシャツがくすんだ感じになるのは、汚れが十分におちていなかったり洗剤が残っているのが原因です。いつもより念入りに洗い/すすぎをしておきましょう。

コートなど洗濯できないものはクリーニングします。汚れが残ったまま収納してしまうとカビ、虫食いの原因となってしまいます。

さいごに

今シーズン着なかったら来シーズンも着ないって割り切っちゃって機械的に仕分けしちゃうといいですよ。あとあとホント楽になりますから。衣替えを簡単にするために断捨離と収納について紹介しました。

スポンサードリンク

-生活
-