生活

レンズにカビ?カビ取り掃除で除去できる?影響と原因は?

久々に取り出したカメラのレンズがなんか汚れてる…もしやカビ?と心配になりますね。多少のほこりがあるのは大丈夫です。動くことなくレンズの内側にへばりついていて菌糸が広がっている状態がカビがついた状態です。

スポンサードリンク
  

レンズのカビ取りについて

レンズの内側のコーティング膜や接着剤がカビの栄養となります。栄養がある状態なので湿度が高くあたたかい温度がすぐにカビの原因となります。

多少のカビであれば通常の使用に支障のない場合もありますが素人目で確認できるほどカビがついているとなるとかなり繁殖が進んでいる状態です。

内部にカビが付いていますから分解して清掃する必要があります。素人には難しいので専門の業者さんに清掃を頼むことになりますね。カビの進み具合やレンズの種類などで変わってきますが概ね1万円以上はかかるでしょう。

一度カビのついたレンズは再度カビる可能性も高くなりますので、よほどの思い入れのあるレンズでなければ買い直したほうがお安い場合も多そうです。

レンズにカビがつくと写りは?

実は古いレンズだと内部にカビのついている場合もあり、撮影に影響が無い場合もあります。実際に撮影してみてレンズのカビが写りにどれくらいの影響があるかをまずは確認しましょう。

カビ自体が移りこむのは問題外としても、どれくらいクリアな画質が維持出来ているかがポイントです。最低限で自分が許せる範囲かどうかですね。我慢できる範囲であれば、それ以上悪くならないようにレンズを保管することでカビを増殖させず使うことが可能です。

スポンサードリンク

カビさせない管理方法

カメラ、レンズは裸のまま温度差の激しいところを出入りさせないよう注意しましょう。夏の炎天下から冷房の効いた部屋、スキー場など寒いところから暖房の効いた部屋など急激な温度差が結露の原因となってカビを発生させてしまいます。面倒臭がらずにカメラケースを利用しましょう。

次に家で保管する場合ですが、多くのカメラ・レンズを使用されている方にはカメラ用の除湿庫を使ったり、エアコンで部屋の温度を一定に維持するといった管理をされる場合もあります。

とはいえ当記事にたどり着いたかたにはオーバースペックと思われます。おすすめはカメラケースから出して除湿剤と一緒にビニール袋にいれてしまうことです。100均などで購入できる口がジップロックで密閉できるものだったら手軽に手にはいりますよね。ただし乾燥し過ぎるとレンズ内のグリスが劣化してしまうので、ときどきビニール袋から取り出し風に当ててあげましょう。

カビが振動を嫌うことも有り頻繁に使うカメラ・レンズにはカビが生えません。運動会などイベントだけじゃなくて、普段から持ちだしてあげるのが実は一番のカビの対策になるんですね。

被写体を狙って空のシャッターを押すだけでも、レンズの伸縮で内部の空気が入れ替わったり、カメラの動きの維持にもなるし、なにより撮影の腕前を上げるためにもなりますよ。

さいごに

梅雨の時期などはとくに取り出して風にあててあげるようにしましょうね。イベントの前日に取り出してアレ!?とならないようカメラ・レンズを保管しましょう。

スポンサードリンク

-生活
-