生活

ラッシュガードの選び方。特徴を知って街中の普段使いにも。

ラッシュガードがここ数年ですっかり定着してきました。人気は動きやすくて楽ということもあって、水まわりのレジャーだけではなく普段着にまで広がってきています。今回はそんなラッシュガードの特徴と選び方を紹介します。

スポンサードリンク
  

ラッシュガードって何

ラッシュガードは英語で書くと『Rash Guard』Rashは皮膚が赤くなる状態で、Guardは保護するという意味合いになります。

もともとはサーフィンなどマリンスポーツで、すり傷などから肌を守る目的のほか日焼け防止や保温のため着用していたものです。ここ数年マリンスポーツ以外にもキャンプや水遊びなどで人気が広まり最近は普段着としての活用も広がっています。

ラッシュガードの特徴は、ポリウレタンやポリエステルの薄手で伸縮性のある生地でぴったりとフィットするものです。ただし最近は普段使いを意識された素材やゆったりめのデザインのものも増えています。

ラッシュガード 選び方

ラッシュガードは何色がいい?

ラッシュガードはマリンスポーツからでてきたこともあり、ネオンカラーなど蛍光色の派手なものが多かったですが普段使いが増えるのにともないバリエーションも増えています。

日焼けや紫外線の対策に関しては、黒でも白でもあまり変わりはありません。ただし複数の色使いのデザインは日焼けムラができる可能性が有ります。キャンプなどで虫よけを考えるなら白を選ぶと良いでしょう。

紫外線対策を重視するなら色よりもUVカットを表示するものを選びましょう。

スポンサードリンク

ラッシュガードの着こなし

最近のラッシュガードは、街着に合うようにルーズなものも増えています。ラッシュガードでそのままプールや海で泳ぐ場合はかならず体にフィットするものを選びましょう。

身体とラッシュガードの間に水が入ってしまって泳ぎにくくなるので危険になります。お子さんには長く着せたいからと大きめを選びがちですが水着かわりのラッシュガードに関してはジャストサイズを選びましょう。

濡れたままラッシュガードで風に当たると、かなり寒さを感じます。ラッシュガードの保温効果より風で乾き始める時に熱を一緒に奪う状態が強くなるためです。表面の水分をよく拭きとってパーカーなど重ね着をして寒さをおさえます。

ピッタリしたサイズで脱ぎ着が大変なのでキッズ用にはファスナー付きを選ぶというのも楽かもしれません。

普段着だとパーカータイプを選べば、色もデザインも豊富に出ていますよ。とくに体型を気にせずにラッシュガードを着たいならパーカータイプが一番でしょう。

ラッシュガード どこで売ってる?

ユニクロでもキッズまで扱っていますし、しまむら、イオンなどラッシュガードはいろんなところで手軽に手に入るようになりました。

本格的なものや水着として使うラッシュガードならスポーツショップの水着売り場がよいでしょう。

さいごに

水回りのレジャーだけじゃなくいろんな場面で活躍するラッシュガードを紹介しました。まずはパーカーから取り入れてみるとよさそうですね。

スポンサードリンク

-生活
-