生活

お中元・お歳暮って結婚したら両親や義両親に贈る?相場とのしは?

結婚するといろいろとやることがでてくるものです。お中元・ お歳暮ってどうするのが良いのでしょう。周りに聞いても当たり前に贈る人もいれば贈ってることに驚く人もいるくらいでホントどれが正しいのか難しいですね。今回は結婚したらお中元・ お歳暮を両親義両親に贈るかどうか?についてです。

スポンサードリンク
  

お中元・ お歳暮を両親や義両親に贈る?

お中元・お歳暮は日頃お世話になったかたへ季節のあいさつとして日頃の感謝を込めて贈ります。もちろん結婚すれば両親、義両親にも贈るのがマナーと言われてきました。ただ時代の移り変わりとともに贈らないという人が増えているのも事実です。

両家がお中元・お歳暮をいるいらないで同じ価値観であれば問題ないのですが片方が当たり前に贈ると考えているなら…両家の事情をよく理解していないと、世間知らずの嫁扱いされちゃいますよ。夫婦でそれぞれ実家がどうしていたのか確認しておくことが大事です。

一番良いのは直接親に贈ったほうが良いか確認してしまうことです。自分の両親にはサラッと聞けると思いますが、こういう場合えてして旦那さんは適当というか無頓着な場合も多いのできちんと事情を理解してもらい両親に聞いてもらいましょう。

スポンサードリンク

すでに結婚している兄弟姉妹がいるならお中元・お歳暮を贈っているのかどうかも忘れずに確認しましょう。親はいらないといったけど兄弟姉妹は贈っているケースやその逆など自分たちだけが悪目立ちする可能性があります。

両親に贈る相場は?

それでは両親、義両親にもお中元・お歳暮を贈るとなった場合、相場はいくらくらいでしょう。

お中元の相場はおおむね3000円から5000円程度と言われています。贈るご夫妻が30代くらいまでなら3000円、40代以上は5000円といった感じで年齢相応で考えるのが良いでしょう。お歳暮は同じか少し高めの相場になっています。

のしはどうする?

のし(熨斗)は、紅白で蝶結びの水引に、表書きは、「お中元」「御中元」または「お歳暮」「御歳暮」になります。下に書く名前は苗字のみで大丈夫ですが、兄弟が多い場合は旦那さんのフルネームにする場合もあります。

近隣であれば風呂敷に包んで持参するのが良いですね。配送する場合は先に葉書か電話で感謝の言葉とあわせて連絡しておくとよいでしょう。

さいごに

お中元・お歳暮は贈らないけど、誕生日、母の日、父の日などはプレゼントを欠かさないって方もいらっしゃいますよ。ほんと家のルールっていろいろですね。形やタイミングはどうあれ両親義両親に感謝を伝える機会は大事にしたいものです。

スポンサードリンク

-生活
-,