行楽

入谷の朝顔市の開催時間は?種類はどれくらい?駐車場はある?

入谷の朝顔市は、浅草のほおづき市と並んで江戸の風情を感じさせてくれる下町の風物詩ですね。期間中は40万人の人出で賑わう入谷の朝顔市でおすすめの時間や売られている朝顔の種類など紹介します。

スポンサードリンク
  


日程と開催時間

入谷の朝顔市は毎年7月の6・7・8日の3日間開催されています。今年2016年は水・木・金曜日とちょうどすべて平日になっています。開催時間は朝の5時から夜23時までと長時間に渡ります。雨天開催になりますが、台風のような異常気象の場合は中止の場合もあります。

期間中は120軒の朝顔の出店が並び、露天・屋台も100軒ととても賑やかになりますよ。

おすすめの時間は?

朝の6時ころから混み始め7時にはピークになります。というのも朝顔が咲くのはその名の通り朝。色をちゃんと確認して良い鉢を購入したいならやはり綺麗に花の咲いてる朝がおすすめということになります。

23時と夜遅くまでやっているので、露天や屋台でお祭り気分を味わいたいというなら、学校や仕事帰りでも余裕で間に合うのも嬉しいですね。

朝顔の種類や値段は?

入谷の朝顔市では3日間で約25万鉢の朝顔が販売されます。その7割が江戸川区のもので、下谷観光連盟と入谷朝顔市実行委員会の公認を証明するタグ(札)が付けられています。

スポンサードリンク

売られている朝顔は、行灯仕立ての鉢で2000円から、小さいものだと800円くらいからあります。 一番人気は、朝顔のプリンスと呼ばれる『団十郎』の入った4色の行灯仕立ての鉢になります。

最近は、『ヘブンリーブルー 』といった西洋朝顔や『オーシャンブルー 』といった琉球朝顔もみかけますね。これらは一般的な朝顔より大きく育つのでグリーンカーテンに利用したりしますよ。

グリーンカーテン初心者におすすめの野菜や果物、花の種類は?

アクセス

入谷の朝顔市は、入谷鬼子母神(真源寺)及び言問通り(ことといどおり)周辺で開催されます。地下鉄の入江駅からだと徒歩1分、JR鶯谷駅からだと徒歩3分になります。

車は、周辺で交通規制がしかれるので注意が必要です。鬼子母神の前の言問通り(ことといどおり)が夕方17時~21時30分まで通行止めになります。また会場周辺の路上パーキングメーターやパーキングチケットは休止されます。

もともと駐車場が多い地域でもないので、主催者の言うとおり公共交通機関を利用するのが無難そうです。それでも車というなら隣の上野駅周辺のほうが駐車場は多いので半端な距離に駐車するよりは楽かもしれませんよ。

さいごに

今年は平日になりましたが、仕事終わりにビール片手に江戸の風情やお祭り気分を味わってみませんか?今回は入谷の朝顔市を紹介しました。

スポンサードリンク

-行楽
-, ,