生活

プール熱の症状はどれくらいの期間?原因はプールだけじゃない!

プール熱は夏に子供のあいだで流行することの多い夏風邪の代表ともいえる病気ですね。プール熱というだけにプールでの感染例が多いですが原因はプールとは限りませんし大人にも伝染るんです。今回はプール熱の症状や原因についてです。

スポンサードリンク
  

プール熱症状の順番と期間

プール熱は、原因ウイルスのアデノウイルスに感染してから潜伏期間が1週間程度で発症します。

初期症状として、目が充血したりショボショボと傷んだり目やにや涙がでたり、のどの痛みから咳がでるようなったりといったことがみられる場合があります。

40度近い高熱となり発症します。高熱は5日も続いたり、下痢や嘔吐を伴う場合もあり子供には大変しんどい症状となります。

発症してから2週間から4週間の感染期間があるので、熱が下がってもお医者様の指示をしっかり守りましょう。

潜伏期間が1週間程度あり、プールに行った日と期間があるとプール熱に思い当たらないといったこともあるようですね。そのため急に高熱がでたと慌てることも少なくありません。

初期症状と同時に発熱といった場合も多いので、少しでも目が赤い、目やにが出るといった症状があれば早めにかかりつけのお医者様に診てもらうにこしたことはありませんね。

以上のようにプール熱は、咽頭炎(のどの痛み)、結膜炎(目の充血)、発熱が症状としてあらわれるため、正式には「咽頭結膜熱」と呼ばれています。日本ではプールでの感染例が多かったのでプール熱と呼ばれているんですね。でも感染原因はプールだけではないんですよ。

スポンサードリンク

プール熱の原因とは

プール熱の原因はアデノウイルスです。アデノウイルスは、『飛沫感染 』『接触感染 』で感染します。くしゃみや咳などで拡散されたりタオルの共用、蛇口などたくさんの人が触るものに付着し感染していきます。

プール熱ということでプールの水に入ったから感染すると思いがちですが、塩素消毒されているプールの水で感染することはレアケースだといえます。

『飛沫感染 』『接触感染 』 なのでプールだけでなく人が集まる場所であればどこでも感染しうるということです。ですからプール熱は、第2種学校感染症に指定されており医師の判断により出席停止の処置がとられます。

プール熱は大人にも感染する?

プール熱は、子供の夏風邪の代表ともいえる病気です。患者の60%は5歳以下の子供ともいわれます。でもアデノウイルスは感染力が強く大人にも感染するんですよ。とくに子供の看病で疲れて体力が低下してたりすると危険ですね。

子供と同じように咽頭炎(のどの痛み)、結膜炎(目の充血)、発熱が症状となります。抵抗力の落ちている老人の場合は呼吸障害が起きるなどでさらに重い症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。

症状が軽いからといって間違っても会社に行ったりは厳禁ですよ。

さいごに

プール熱の一番の予防は、手洗いやうがいできちんとすること。またプールではシャワーはもちろん目をしっかり洗うようさせましょう。看病の際はマスクも着用しておくと良いですね。

プール熱と同じように子供の夏風邪で注意したいヘルパンギーナ、手足口病の記事はこちら。
ヘルパンギーナの症状とは?手足口病との違いはウイルスなの?

スポンサードリンク

-生活
-,