夏の話題

暑さ対策で窓に断熱や日よけをすると過しやすさがだいぶ違う!

窓は日光の出入り口となり、断熱材の入っている壁や床と違い多くの熱を取り込んでしまいます。家に入る熱のおよそ70%は窓からといわれます。だから窓の暑さ対策をするとしないでは大きな違いがあるんですね。窓の暑さ対策をすることでエアコンの使いすぎがなくなれば健康にもお財布にも嬉しいですよ。

スポンサードリンク
  

窓の断熱

窓の断熱は、ホームセンターなどで売っている断熱シート、フィルムが手軽です。

断熱シート、フィルムには、熱を吸収するタイプと反射するタイプが有ります。熱を吸収するものは、窓ガラスに熱がたまるので熱を感じます。注意が必要なのは窓が金網入りのガラスだとこもった熱でガラスが割れてしまう危険があることです。

マンション、アパートなど賃貸では窓に貼ったシートやフィルムが綺麗に剥がせるかも大事ですね。粘着剤を使用しない吸着タイプだとベタつかなくて貼りやすく、貼り直しも可能です。

最近はスプレータイプもあります。シート、フィルムに比べれば割高にはなりますが、貼る作業もなかなか面倒なので手軽にやりたい方にはありがたいですね。

賃貸か自宅か、窓の大きさ、金網入りか?などを考慮しながら、店頭でチェックするとよいでしょう。

スポンサードリンク

窓を日よけ

窓の日よけといえば、まず思い出すのは『すだれ』ですね。すだれは、吊るして使います。海の家などで立てかけてあるのは似ていますが『よしず』といいます。

どちらも窓に日光が直接注ぐのを防いでくれるので、窓の温度が上がりにくくなります。水をかけてやると通る風が2度くらい下がります。

『すだれ』『よしず』の大きな魅力は風を通すことでしょう。目隠しにもなるので、大きく窓を開けてもほとんど外から見られることがありません。窓を開けて風が通る部屋なら、かなりの涼しさを感じることができますね。

すだれは、昔ながらの軒先に吊るすものから、間仕切りになっていたりブラインドのように洋風にアレンジされたものも販売されていますよ。お部屋のイメージに合わせて選びましょう。

ガーデニングや家庭菜園に興味があるなら、グリーンカーテンも選択肢ですね。グリーンカーテンは別記事を書いていますのでどうぞ。
グリーンカーテン初心者におすすめの野菜や果物、花の種類は?

さいごに

部屋向きの東西南北やそもそも家の立地で、窓の条件は大きく変わってきます。すだれで日よけして日中はエアコン、夕方には窓を開けるのがおすすめです。とはいえ強烈な日差しで大変となれば、そうはいってられませんね。その場合はプラスして断熱シートで対策してあげるとよいでしょう。

スポンサードリンク

-夏の話題
-