行楽

山鉾巡行のスケジュールとルート、おすすめ観覧スポット紹介

2016/05/24

祇園祭のメインともいえる山鉾巡行。読み方は『やまほこじゅんこう』です。17日の前祭山鉾巡行、24日の後祭山鉾巡行の2回行われます。今回は山鉾巡行のスケジュールと有料観覧席や見どころとなるスポットを紹介します。

スポンサードリンク
  

山鉾巡行のスケジュール

前祭山鉾巡行

日程/時間

7月17日午前9時スタート

ルート

四条烏丸 (9:00) →四条河原町(9:45) → 河原町御池 (10:30) → 新町御池(11:35) の予定となります。

後祭山鉾巡行

日程/時間

7月24日午前9時30分スタート

ルート

烏丸御池 (9:30) →河原町御池(10:05) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸(11:22) の予定となります。

山鉾巡行の17日24日には、京都市中心部の四条通や河原町通が交通規制されます。

山鉾巡行の有料観覧席について

山鉾巡行では有料観覧席が用意されます。全席指定で場所取りの必要なくゆっくり巡行を眺めることができます。当日にはパンフレットや日よけも配布されるので山鉾の情報を確認することができます。

前祭山鉾巡行の有料観覧席は、御池通の寺町通から新町通の間に約1万3000席が設置されます。巡行の先頭は午前10時20分頃(寺町御池)~11時25分頃(新町御池)に通過します。

後祭山鉾巡行有料観覧席は、御池通の寺町通から河原町通の間(京都市役所前)に約2300席が設置されます。巡行の先頭は午前10時頃となります。

発売は、前祭が6月7日、後祭が6月14日よりセブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニ、Walker plus チケット及び京都市観光協会、京都総合観光案内所などで料金3180円で販売される予定です。有料観覧席のお問い合わせ詳細は京都市観光協会(TEL:075-213-1717)になります。

有料観覧席は、後祭のほうが辻廻しも観覧できる場所に設置されるのでおすすめですね。前祭は少し辻廻しからは距離があります。山鉾の数が少ないのに料金が同じ?とちょい気になりますけど花傘巡行もあるので満足感は高いと思いますよ。

山鉾巡行 無料の観覧スポットについて

いやいや頑張って場所取りするよってかたに見どころとなる観覧スポットを紹介します。

御池通と河原町通の交差点付近

山鉾巡行の大きな見どころは、1トンにもなる豪華絢爛な山鉾が方向転換する『辻廻し』です。

辻廻しは、前祭で四条通と河原町通の交差点付近⇒御池通と河原町通の交差点付近⇒御池通と新町通の交差点付近の3箇所。後祭で御池通と河原町通の交差点付近⇒四条通と河原町通の交差点付近の2箇所になります。

スポンサードリンク

中でも前祭の2回めの辻廻しとなる御池通と河原町通の交差点付近は、御池通の道路幅が広く電線もないので御池通に向かって場所が確保できると視界がひらけて絶好の観覧スポットになります。ド迫力の辻廻しを堪能するなら御池通と河原町通の交差点付近ですね。

四条通と烏丸通の交差点付近

こちらは、前祭のスタート地点になります。『くじ取らず』で先頭を行く長刀鉾に乗り込むお稚児さんや、巡行の順番を確認する『くじ改め』、山鉾巡行の重要な儀式である『注連縄切り』などたくさんの神事や貴重な場面を見ることができます。

新町通付近

前祭では最後の辻廻しで御池通と新町通の交差点付近から新町通へと入っていきます。この新町通は道幅が狭く、山鉾が道幅いっぱい家の軒先ギリギリを通過します。狭いがゆえに場所取りしてゆっくり落ちつての観覧には向きませんが、ある意味で山鉾の迫力が一番肌で感じられるのがここかもしれません。

御池通と河原町通の交差点付近

山鉾が10基と少ない後祭の山鉾巡行ですが、花傘巡行のルートと重なるので迫力ある山鉾と芸術的で色彩豊かな花傘巡行を一緒に楽しめるのはお得ですね。後祭の御池通と河原町通の交差点付近は有料観覧席も設置されているので河原町通にずれた形で場所取りできるとベストですね。

以上4つのスポットを紹介しました。

場所取りは始発電車と同時に始まって朝の7時にはいっぱいって感じですね。山鉾巡行は3時間近くあるので場所によっては人の入れ替わりがあるので前の人が移動してくれて少しづつ前に移動できるラッキーもなくはありません。

それと植え込みの前の道路が妙に空いてるのは、直前に警察が来て退かされてしまうからなのでお間違いのないように。

さいごに

今年(2016年)は山鉾巡行が日曜日という絶好の日に当たっていますので例年以上の混雑は必至です。紫外線対策、熱中症対策は万全にしておでかけくださいね。

もっと山鉾のことを知りたいならこちらの記事もどうぞ。
山鉾の由来を一覧にして紹介。山鉾に乗ることも!動画有ります

祇園祭の記事はこちらもあります。
京都祇園祭の日程は?メインはいつ行くべきか楽しみ方を紹介します。
祇園祭宵山3つの楽しみ方。歩行者天国の露店、山鉾、ちまき。

スポンサードリンク

-行楽
-