行楽

天神祭の花火が見えるベストスポットは?最寄り駅は何駅を利用?

天神祭の花火、正式には奉納花火といいます。打ち上げされる花火は約4000発ほどと決して大きな規模ではありませんが東京の隅田川花火大会と同じようにテレビ中継もされる人気の花火大会です。

天神祭の花火は、大阪のどまんなか大川で打ち上げられますが、地図的に近くてもビルが多いので以外に見えない場所も多いんですよね。今回は天神祭の花火のベストスポットへの最寄り駅を紹介していきます。

スポンサードリンク
  

大阪 天神祭 日程

天神祭奉納花火は、7月25日19時30分から20時50分ころまでになります。打ち上げ場所は、桜之宮公園、川崎公園一帯です。

天神祭 ベストスポットへのアクセスは?

天神祭りの花火を見物場所としては川を挟んで、東側のエリアの桜之宮公園周辺と西側エリアのOAPタワー周辺からとなります。花火と屋台を楽しむなら桜之宮公園周辺、大阪天満宮での神事も見物するならOAPタワー周辺が良いでしょう。

桜之宮公園周辺

桜宮公園のなかでも花火に近い北側がベストスポットになります。16:00ころには混雑してしまうのでそれまでに場所取り必須です。また桜之宮公園に入らず源八橋に向かうのも良いでしょう。大川にかかる源八橋もかつては穴場スポットと言われた場所で花火も近くに見えるし船渡御も見物できる人気のスポットです。

北側を目指すなら最寄り駅はJR桜ノ宮駅になります。ただしこの桜之宮駅の混雑は半端じゃありません。そもそも仕事終わりの時間とも重なりますので環状線の混み具合も相当です。JR桜之宮駅では西口からでると桜之宮公園、源八橋に近いのですが大混雑するのであえて反対側にある東口を利用する方が広めなのでよいですよ。

北側から混雑が進みますが、南側も18:00過ぎには混雑してきます。16:00を目安に遅くなるようなら最初から南側を攻めるのもよいでしょう。公園内の入場規制などで出遅れたなら反対側の川崎公園にいきましょう。少し見えづらいですが比較的空いているスポットです。

スポンサードリンク

南側を目指す場合は、JR桜ノ宮駅を避けて京橋駅で乗り換えてもしくは最初から梅田の北新地駅からJR東西線の大阪城北詰駅に向かう作戦もありです。神戸、宝塚方面からなら特に便利ですね。

OAPタワー周辺

OAPタワー周辺は、打ち上げ場所のちょうど正面にあたり、視界がひらけることもあって迫力ある花火を楽しむことができます。19:00ころには歩いて通るのが困難なほど混雑します。事故防止のためブルーシートなどを使っての場所取りは禁止、芝生への立ち入りも禁止となっています。打ち上げ花火には絶好のポイントですが、仕掛け花火は見えにくい場所になります。

OAPタワー周辺へのアクセスは、JR大阪天満宮駅JR天満駅地下鉄扇町駅などいくつかの最寄り駅があります。中之島や京都方面からのアクセスに便利ですね。人気スポットで混雑も激しいですが、桜之宮公園と比較すると最寄り駅がバラける分、電車の混雑はマシですね。

天神祭花火の観覧席について

天神祭奉納花火では特別観覧席が準備されています。テーブル指定席の料金が5,500円、砂浜自由席の料金が4,000円になります。それぞれソフトドリンク1本と、記念品として限定オリジナルレジャーシート1枚がつきます。テーブル指定席は4人席になりますので相席になる場合があります。砂場自由席はオリジナルレジャーシート以外での場所取りは禁止されています。船渡御は見えないですがゆっくり花火を楽しむにはよいですね。わりとギリギリまで購入できるのでチェックする価値有りですよ。

さいごに

今回は天神祭花火のベストスポットについて紹介しました。今年(2016年)は、25日が月曜日にあたるので日曜日だった昨年よりは出足が遅いことが予想されます。それは似たような時間に一気に人が集まるということですから混雑も相当覚悟が必要そうです。

スポンサードリンク

-行楽
-,