夏の話題

お盆玉の相場は?夏のお年玉として郵便局が猛プッシュその発祥とは

お盆玉という言葉を見かけることが増えてきました。お盆の帰省でやってきたお孫さんにお小遣いだと普通のことですが、あえてお盆玉といいだすと戦々恐々なかたも多そうです。夏のお年玉ともいえるお盆玉の発祥や相場について紹介します。

スポンサードリンク
  

お盆玉の発祥は?

お盆玉って馴染みが薄いですが、その原型は江戸時代から一部の地域にあった習慣なんですよ。奉公人にお盆小遣いとして服や下駄を渡す習慣が昭和の初めころに子供にお小遣いをあげるように変わっていったそうです。山形や青森など東北の一部地域のお話です。

では平成になった今頃これだけお盆玉がメジャーになりつつあるかというと、やっぱ大人の事情でしょうね。最近だと「恵方巻き」とか「ハロウイン」もそうだし「バレンタイン」など商売の種は見逃しませんよってことでしょう:D

お盆玉については、2010年頃イオンがCMでお盆玉を連呼して話題になっていましたし、2014年には郵便局で専用のポチ袋が大々的に販売され、かなり知名度が上がった印象です。

少子化になり子供には6つのポケットなんていわれるくらいで、祖父母が高額の商品を買い与えることも増えてることから定着しやすい土壌もあったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

お盆玉の相場は?

発祥の経緯からして、浸透してない家とそうでない家がはっきりします。お年玉だと親戚ごとで事前にあげる金額を打ち合わせておくこともあるでしょう。お盆玉についても確認しておくほうが良いでしょうね。

親戚同士でお年玉のようにやりとりするのは少ないかもしれませんが、祖父母から孫へお小遣いって考えると普通にある光景ですよね。お孫さんのプレゼントということでランドセルもよく売れる時期といいますし。

お年玉の相場だと小学生低学年で1,000円~3,000円、小学生高学年から中学生で3,000円~5,000円、高校生で5,000~10,000円といったあたりですから、お盆玉に関してはそれと同等か少し少ない金額とする場合が多いようですよ。

お盆玉のぽち袋

じつはこのお盆玉という名称は、紙製品や包装用品を扱うマルアイという山梨の会社が作った言葉で商標登録もされています。そのマルアイが2010年にお盆玉用に夏の風物詩をデザインしたぽち袋の販売を始めています。

お盆玉のぽち袋の購入先としては、さきほどあげた郵便局や専用のコーナーを設けることが増えているスーパーなどですね。最近は、ダイソー、セリアなど100均でも可愛い和紙のポチ袋など気合が入っているのでオススメです。

さいごに

今回は新しい風習(?)お盆玉を紹介しました。姪っ子がくればお正月じゃなくてもお小遣いあげちゃうもので、あえてお盆玉と言われると変な感じもしますね。

スポンサードリンク

-夏の話題
-