行楽

伊丹花火大会は伊丹空港で!花火と飛行機が見える最高の場所です

伊丹花火大会は、日程が夏休みの最後の方ということでまだ間に合う花火大会!と人気になっています。花火大会って夏休み最後の思い出つくりにいいですよね。今回は、伊丹花火大会以外ではちょっとみられない飛行機と空港の夜景と一緒に花火を楽しむ場所を紹介します。

スポンサードリンク
  

伊丹花火大会の日程と打ち上げ場所

日程

平成28年8月27日(土曜日)
20:00~21:00
荒天時は翌日へ順延

打ち上げ場所

猪名川神津大橋南側河川敷(伊丹市口酒井字蔵ヶ淵地先)

打ち上げ数

3,500発

アクセス(最寄り駅)

JR伊丹駅から南東へ徒歩約10分、阪急伊丹駅から東へ徒歩約20分
JR伊丹駅へはJR大阪駅からJR宝塚線の新三田行で16分になります。

伊丹花火大会が見える場所

伊丹駅から歩いて行くと神津大橋河川敷の右岸がメイン会場となり左岸がサブ会場となります。露店はメイン会場に170、サブ会場に30の両岸合せて200程度の露店がだされます。

大混雑になるのは17時過ぎくらいからで、場所にこだわらなければ19時頃に行っても十分花火を楽しめます。穴場としてはイオンモール伊丹(ダイヤモンドシティ)の屋上が紹介されることが多いですね。ただ混雑状況を考えると子供が小さいので人混みやトイレが心配といった特別な事情がない限りは神津大橋河川敷の会場をおすすめします。

花火がメインなら神津大橋河川敷の会場がおすすめですが伊丹花火大会ならではの楽しみがある場所があります。それは飛行機や空港の綺麗な夜景といっしょに花火大会の全景が見られる場所です。

スポンサードリンク

伊丹空港ターミナルビル4階・展望デッキ「ラ・ソーラ」


16時ころから屋台や大道芸などのイベントも行われお祭り気分も十分です。素敵な空港の夜景に花火が見られてお祭り気分も満喫ということで神津大橋河川敷のメイン会場以上の人気スポットになっています。場所取りの出足も早くベストスポット確保を考えるなら午前中を考えたいところです。時間ともに注意したいのが熱中症、暑さ対策です。展望デッキはとにかく暑くなりますので万全の対策を整えてくださいね。

伊丹空港には、収容台数が2,463台の駐車場があります。30分毎100円~110円で、12時間以降24時間までで2570円になります。ただし駐車場は混み合いますし交通規制もあるのでモノレール、バスなど公共交通機関を利用をおすすめします。

伊丹スカイパーク

伊丹空港近くにある伊丹スカイパークも、飛行機と空港の夜景とともに伊丹花火大会を楽しめる人気スポットです。飛行機が間近に見ることができるのでお子さん連れにはとくに人気になります。こちらは駐車場が約350台で料金が普通車20分100円になります。伊丹空港以上に車は大変そうですね。最寄り駅の伊丹駅から徒歩20分もしくはバスの利用になります。

五月山 秀望台

夜景スポットとして人気の高い池田市五月丘公園の五月山 秀望台も花火が楽しめるスポットです。普通の週末でも夜景人気で混雑するような場所なので駐車場の確保はお昼くらいまでには考えておきたいところです。阪急宝塚線池田駅から徒歩20分になりますので駐車場を探すストレスが嫌なら頑張って歩くのも手ですよ。

さいごに

伊丹花火大会は、打ち上げ数が3,500発で主催者発表の来場者数が6万人規模の花火大会です。決して大きな花火大会では無いですが夏休みの最後を花火で締めるということで人気になっていますね。レアな夜景の空港と花火のコラボで去りゆく夏に思いを馳せてみませんか。

スポンサードリンク

-行楽
-