夏の話題

お盆の精霊馬の作り方と飾り方。お盆が終わったらどうすればよいの?

お盆になすときゅうりに割り箸で作る飾り、名前は精霊馬と言います。最近は乗り物ならいいんじゃない?ってことでマッドマックスやら猫バスやらオスプレイといった面白い変わり精霊馬を作る人もいますね。今回は精霊馬のそもそもの意味や作り方飾り方とお盆が終わったら精霊馬をどう処分するのか?を紹介します。

スポンサードリンク
  

精霊馬の意味

精霊馬と書いて「しょうりょううま」と読みます。お盆のお供えのひとつとして飾られます。精霊馬はご先祖様の精霊(魂)の乗り物とされます。きゅうりは馬で早くご先祖様をお迎えするため、なすは牛でゆっくり名残を感じつつお帰りいただくという意味を持ちます。

精霊馬の作り方

準備するものはきゅうり、なすに割り箸ですね。ヘタの部分を頭に見立てて割り箸を脚に見えるように長さを工夫して差し込んだら完成です。出来栄えの良し悪しは選ぶきゅうり、なすの形にかかっています。少し曲がっていたり反っていたりするほうが見栄えがしますね。

…と基本的にはシンプルなものなんですが、最近はやたら嗜好をこらした精霊馬がぞくぞくと現れてネット界隈で話題になります。画像検索してみた結果がこちら

精霊馬の画像

スポンサードリンク

精霊馬の飾り方

ご先祖さまのお迎えとお送りですから、一般的にはお盆の始まる8月13日から16日に飾ります。地域によって旧暦の7月だったり他の時期の場合もあります。

飾る場所は精霊棚になります。精霊棚はこれも地域や流派の違いで作法がありますので詳細は省きます。この機会にご家族にじっくりお話を聞いてみるのも良いですね。

田舎にも帰らないし、家には仏壇も無いよって方は机に白い布を敷いて、あればご先祖や大事な方のお写真とお花や果物などお供えして精霊馬と一緒に飾ると良いでしょう。精霊馬は帰ってくる馬になるきゅうりの頭は家に向けて、お帰りになる牛は外に向けて飾りましょう。

精霊馬の捨て方

お盆が終わり役目を終えた精霊馬は、昔であれば川に流したり土に埋めたりするか、お寺でお盆の飾りなどと一緒に炊きあげるなどして処分されていたようです。

ちょっと思いつきで作った精霊馬でも、いざ処分となるといろいろ気になるものですね。焚き上げしてくれるお寺も近くにないって場合は半紙など白い紙に包んでお塩で清めてから普通の生ごみとして処分されるよいですよ。

さいごに

面白い変わり精霊馬に興味をもったかたも、良い機会なのでご先祖様への感謝の気持ちで手を合わせるとよいですね。

スポンサードリンク

-夏の話題
-,