生活

洗濯物を早く乾かす!干し方のコツを知れば部屋干しの臭い対策にも!

梅雨のジメジメした季節や冬のセーター、パーカーなど洗濯物がなかなか乾かないと困りますよね。梅雨の時期の部屋干しは臭いも気になるものです。洗濯物を早く乾かすにはちょっとした干し方のコツがあるんです。今回は臭い対策にもなる洗濯物の干し方を紹介します。

スポンサードリンク
  

洗濯物を部屋干しした時の嫌な臭いはおよそ5時間後あたりから発生するといいます。臭いの元となる汚れや洗剤を残さず綺麗にすすいだ洗濯物を早く乾かすことができれば限りなく臭いはでないんですね。

洗濯物の干し方のコツとは

洗濯物を早く乾かそうと思えば、いかに風があたる表面積をつくる干し方ができるかが大事になります。

襟のある洋服であれば襟を立ててあげるだけで乾きにくい襟首がよく乾くようになりますし、前ボタンも全部締めるよりは風でハンガーから取れないように上のひとつかふたつだけ締めてあとはオープンにしてやるだけで全然乾き方が違うんですよ。

バスタオルやタオルは、重なる部分は最小限になるようズラして干します。几帳面な方だとピッタリ角を揃えてるかもですが、ズラしてあげるほうが風にあたる部分が増えるので早く乾くんです。

パーカーは、フードの部分が乾きづらいですよね。パーカーはハンガーに普通にかけないで、上下を逆さにして干してあげるとフード部分にも風がよくあたるようになりフード部分だけ生乾きなんて事態がなくなります。

洗濯物を早く乾かすための干し方で「アーチ干し」という干し方があります。両端に丈の長い洗濯物を干して中央に行くほど丈が短い洗濯物を干していきます。あとは乾きにくい綿などの素材、厚手の洗濯物も外側に干すとよいです。干された洋服の丈がアーチのようになるわけです。

乾きにくい洗濯物は外側で風があたりやすくなり、アーチになることで風が通りやすい空間ができるので中央の洗濯物も早く乾くことになります。アーチ干しにするだけで30分は違いがでるそうなの干し方も侮れませんね。

スポンサードリンク

洗濯物の部屋干しには扇風機!

部屋干しの場合で早く乾かすには扇風機もしくはサーキュレーターを使うのが良いでしょう。エアコンで送風や除湿をかけたり、除湿機を使うのも良いですがコストを考えると扇風機が手軽で良いでしょう。

洗濯物のまわりには湿った空気がこもりがちなので、これを扇風機の風で乾いた空気を交換してあげるんですね。空気が動いている状態であれば良いので扇風機を最強にしてガンガンやる必要はなくて弱で十分な効果が期待できます。

乾いたものから取り外して風が通る空間を確保したり、タオル等乾きにくいものは上下を入れ替えたりすることでさらに早く乾かすことができます。

洗濯物はお風呂場で干しても良い?

部屋干しでどこに干すのがベストかといえば、それは部屋の中央です。部屋の真ん中は風が動き易いですからですね。ダイニングとリビングで部屋続きになっている場合ならその仕切あたりやドアなど通路と繋がる部分も風が通るので悪くありません。

逆に好ましくないのはカーテンレールですね。風の動きも少ないですし外からの湿気に影響を受けやすく乾きにくい場所と言えます。カーテンに洗濯物の水分が移ると雑菌を増やすもとになったりとよいことはありません。

部屋の真ん中はちょっと…という方は、お風呂が最適な場合もありますよ。お風呂はもともとが湿気が多くなる場所なので湿気の対策が施されていますからね。換気をしつつ扇風機で風を充ててあげるとよいでしょう。

ちなみに換気ができるということではトイレもありますね。まぁそこは個人の判断ということで。

さいごに

今回は洗濯物を早く乾かす干し方を紹介しました。ポイントは風通りをいかに確保するかですね。針金のハンガーを折り曲げて洋服の中に空気を通るようにするなんて荒業を使う人もいるみたいです。ぜひ研究してみてくださいね。

スポンサードリンク

-生活
-