行楽

大阪市立科学館のプラネタリウムでデート。混雑は?前売りチケットは?

2016/06/12

プラネタリウムのデートってロマンチックで良いですね。大阪市立科学館のプラネタリウムは大阪の中心部にあるためアクセスもよく人気のスポットになっています。今回は大阪市立科学館のプラネタリウムで混雑をさけてスマートにデートするときのチケットの取り方やデートプランを紹介します。

スポンサードリンク
  

大阪市立科学館へのアクセス

住所・電話

〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-1
06-6444-5656(代表)

入場料

プラネタリウムホール
大人600円/高校・大学生450円/3歳以上中学生以下300円

展示場
大人400円/高校・大学生300円/中学生以下無料

学生さんは学生証の提示が必要になります。また大阪市内在住の65歳以上の本人と障害者手帳所有の本人と付き添い1人は、チケットカウンターで証明書を提示すれば無料になります。

開館時間

9時30分~17時
(チケット販売、展示場入場は16時30分まで/プラネタリウム最終投影は16時から)

休館日

月曜日(祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日に休館。)
年末年始

アクセス

地下鉄四つ橋線・肥後橋駅3号出口から西へ約500m
京阪中之島線・渡辺橋駅2番出口から南西へ約400m、5番出口(エレベーター)から約500m

駐車場

大阪市立科学館の駐車場及び提携の駐車場はありません。都会なのでコインパーキングなどはそこそこありますが駐車できる台数が少ないのでタイミングが悪いと探しまわる可能性大です。

プラネタリウムのチケットの取り方

プラネタリウムのチケットは、土日祭日と「ファミリータイム」が設定されている学校が長期休みになる時期のみ前売りチケットが販売されます。ただし2016年現在ではカウンターのみの販売でインターネット、電話などでチケットの販売はされていません。

ようするに前売りでも当日でも大阪市立科学館のチケットカウンターでしか購入できないってことですね。

混雑状況

土日祭日が混雑するというのが当たり前として注意しておきたいのが雨の日と学校の遠足・社会見学のシーズンです。

スポンサードリンク

雨が降ると予定を変更してプラネタリウムって方が少なからずいらっしゃるんですね。学校の行事の来館で多いのは5月半ば~6月と9月半ば~11月頃になります。混雑を避けて平日を狙ったのに子供がいっぱいで…なんてこともあるんですね。

当日のプラネタリウムの残席はこちらで確認できます。

デートプランは?

まずはプラネタリウムのチケットをどう手配するかですね。近隣の方ならチケットカウンターに行って前売りチケットを確保しておくのが理想です。ちょっと遠いって方なら早めに出かけて先にチケットをとっておきましょう。なんなら待ち合わせの前にチケットを取っておくとポイント高いかもですね。

午後から上映されるプラネタリウムのチケットを確保してから展示をゆっくり見学しましょう。プラネタリウムとは別料金になるとはいえサイエンスショーなど十分楽しますよ。または綺麗になった中之島周辺でランチしたりお茶したりして上映時間までを過しましょう。

大阪市立科学館のプラネタリウムは座席指定ではありません。見やすい席を確保するためには上映時間より早めに行った方が良いです。プラネタリウムは前より全体を見渡せる後ろのほうが見やすい席だと言われます。大阪市立科学館の場合は、傾斜がある座席なので比較的どの席も見やすいので前過ぎなければ大丈夫です。フランス製の座り心地最高の座席なので熟睡には注意です。

大阪市立科学館での所要時間はプラネタリウムのプログラムが45分くらいなので展示をどれくらいじっくりみるかで1時間から半日といったところになります。

周辺には国立国際美術館や中之島図書館もあるのでアカデミックなデートにするも良し、オシャレになった中之島をゆっくり散策しつつ淀屋橋あたりまで足をのばしてみるのもいいですね。ディナーなら淀屋橋駅3分にあるイタリアンフレンチOUI(ウィ)は中央公会堂が目の前に見えるロケーションで人気です。

さいごに

前売りのある土日祝日のチケットは数時間前に完売することもあるので何はともあれチケットを確保しておきましょう。ミュージアムショップも面白いサイエンスグッズが満載なのでお土産にのぞいてみると良いですね。

スポンサードリンク

-行楽
-,