生活

こどもの日焼け後ケア方法は?肌が赤くなったら注意しましょう

プールや海など夏のお出かけから帰ったら、こどもが日焼けした肌を痛がったり痒がることありますよね。紫外線対策はしてたけど元気よく動き回るこどもはやはり日焼けしちゃいますね。今回は、こどもの日焼け後のケアについて紹介していきます。

スポンサードリンク
  

日焼け後の肌が赤い

肌がつよい子であれば少し黒くなったね~なんて微笑ましいものですが、肌が赤い、ヒリヒリする状態は注意したい状態です。プールや海などで遊んだあとなら顔だけでなく全身が日焼けになっている場合などはとくに注意ですよ。

赤い皮膚やヒリヒリするのは日焼けが火傷と同じだということです。放置したままにしていると最悪の場合水ぶくれなどもっと酷い症状になります。

酷い日焼けの場合は体内の水分も奪われていますから、しっかり水分の補給もしましょう。食事、飲み物など体の内側からのケアについては別に記事がありますのでご覧下さいね。

日焼け後ケアにおすすめの食事と飲み物で効果的に対策しよう

日焼け後の一番のケアは冷やすこと

日焼けで赤くなるような場合は、肌に炎症がある状態です。まずはきちんと冷やしてあげることが大事です。美容液などのケアは十分ほてりが冷めてからにしましょう。とくに肌の弱いこどもの場合は炎症が悪化したりする場合がありますよ。

冷えピタなどの保冷剤や凍らせたペットボトルを日焼け部分にあてて冷やすと良いでしょう。背中など体全体はシャワーを軽く浴びてから冷やしたタオルで覆って冷やします。

体の表面が冷えて、ほてりが治まってきたら保湿をしてあげましょう。

日焼け後のケア-アロエ、馬油、ワセリン

こどもの日焼け後のケアでも保湿は大事です。水だけでは肌からすぐ蒸発してしまい十分な保湿効果が期待できません。もちろん大人と同じような化粧水、クリームが肌の弱いこどもには向かないケースもあるのでパッチテストをして肌の影響はかならず確認しましょう。

スポンサードリンク

こどもの日焼けケアでよく使用されるものを紹介しておきます。

アロエの化粧水

アロエは、やけどや日焼けなど肌のケアに昔から使われていますね。アロエのゼリー部分を直接利用してもOKです。ただしアロエは肌が弱いとかぶれることもあるのでそのままを使うときにはとくに注意が必要です。オーガニックなアロエ成分を利用した化粧水などはこどもにも使いやすいですね。肌を痛がる場合はスプレータイプのものが良いでしょう。

馬油

こちらも昔から民間療法で使われますね。皮脂の不足を補い水分を保つ効果があるので赤ちゃんの乾燥肌の予防に使われたりもします。不純物のない馬油100%であれば安心して使用できます。

ワセリン(サンホワイト)

ワセリンは、原油を高純度に精製した保湿剤になります。黄色ワセリン>白色ワセリン>プロペト>サンホワイトの順で純度が高くなります。もちろん値段も比例しますが。

化粧品や医薬品では白色ワセリンが使われることが多いです。敏感肌の方やアトピーでも使用可能とされ保湿も長持ちします。体全体に使うなら白色ワセリンが良いでしょう。

プロペトでは、紫外線で変化するワセリンの不純物がさらに少なくなります。目に入っても大丈夫なほど安全性が高いと言われ顔などデリケートな部分ならプロペトがオススメです。

サンホワイトが、もっとも純度が高くなります。乳幼児や肌が非常に弱い場合はサンホワイトを選ぶと良いでしょう。

さいごに

こどもの日焼け後ケアについて紹介しました。かゆみが続いたり、湿疹や水泡ができるなど日焼け後の治りが悪い場合もしくは熱っぽいなどの症状がある場合は早めにお医者様に診てもらいましょう。たかが日焼けと侮ることなかれです。

スポンサードリンク

-生活
-,