食べ物

そうめんかぼちゃの栄養は?下ごしらえのゆで方と調理方法はこちら

夏が旬の時期のそうめんかぼちゃ。以前は栽培地の市場などでしか見かけませんでしたが最近はダイエットフードとしても注目されスーパーでも見かけるようになりましたね。今回はそうめんかぼちゃの栄養や下ごしらえのゆで方、食べ方を紹介します。

スポンサードリンク
  

そうめんかぼちゃの栄養は?

そうめんかぼちゃは、アメリカ大陸の由来で西洋かぼちゃの変種になります。繊維質の特徴的な中身からそうめんかぼちゃ(素麺南瓜)の他に、そうめんうり(素麺瓜)、いとかぼちゃ(糸南瓜)、きんしうり (金糸瓜 )といった呼び名があります。

主だった栄養としてはビタミンC、カリウムそして食物繊維になります。100グラムあたり24キロカロリーで西洋かぼちゃ91キロカロリー、日本かぼちゃ49キロカロリーと比べるとかなり低カロリーといえます。ダイエットフードとして紹介されることも多い由縁ですね。 かぼちゃというよりもきゅうりやズッキーニに近いイメージです。シャキシャキとした食感で食欲が落ちるときにも食べやすいことから夏バテの対策にもよいですよ。

そうめんかぼちゃのゆで方

そうめんかぼちゃは、下ごしらえで茹でて繊維部分を取り出して調理します。

スポンサードリンク
  • そうめんかぼちゃの両端を切り落とします。
  • 3-4センチの幅で輪切りにします。(繊維が横になっているので縦に切ると短くなります。)
  • スプーンを利用してワタ、種の部分を取り除きます。
  • 沸騰したお湯にいれて10分ほど茹でます。
  • 茹で過ぎると食感が悪くなりますので8分あたりから様子を見ると良いです。
  • 菜箸がスッとはいるくらいが茹で上がりです。
  • 茹で上がったらすぐに流水で冷やします。
  • よく冷えたら水に浸しながら真ん中からほぐします。
  • ほぐしたらザルにあげて水気を切りましょう。
茹でる代わりに電子レンジを利用することもできます。4分くらいをめどにこまめに様子をチェックして加熱し過ぎないように注意しましょう。固いからとそのままレンジすると破裂するので切り込みをいれるかカットしてからレンジにいれてくださいね。

そうめんかぼちゃの食べ方

茹でてほぐしたそうめんかぼちゃは、金色に輝き綺麗なのでそのまま食卓にだして、めんつゆなど出汁でまさにそうめんのように食べたり、きゅうりなどと和えて酢の物にするのが定番です。

ダイエットフードとして紹介されるようになった最近はパスタのかわりに使ったり食べ方も多彩になってきました。

そうめんかぼちゃを美味しく食べるコツは、シャキシャキとした食感を活かすことです。お肉と一緒に炒めても美味しいんですが火を通しすぎずサッと合わせる感じにすると良いです。

さいごに

味にクセはあまりないので、和風のみならず中華でもイタリアンでもいけちゃうのでチャレンジしてくださいね。

スポンサードリンク

-食べ物
-