健康

男の日傘が恥ずかしいってもう古い?

男の日傘が恥ずかしいとかいうのはもう古いのかもしれませんね。年配な方の多い郊外の住まいなんですが日傘をさされている男性を見かける機会が増えてきました。中年からもっと大先輩まで年齢もいろいろで男が日傘をさしてる光景もだいぶ日常化している気がしています。よくよく観察してみると明らかに雨傘の方もいますけどね。今回は日傘選びのポイントです。

スポンサードリンク
  

日傘の遮光率とUVカット率の違いとは

日傘を調べていくと遮光率100%とかUVカット率100%とかでてきます。でもどちらかが低い商品もあったりでどちらがいいのかちょっとわかりませんね。

遮光率とは

可視光線…つまり目に見える光を遮る率のこと。光を遮るわけですから日陰になって涼しい効果を期待ってことですね。ここ数年の猛暑で少しでも涼感を考えるなら遮光率が高いほうがよさそうです。

UVカット率とは

UVとは英語のUltra Violetの頭文字ですなわち紫外線のことです。つまりUVカット率とは紫外線をカットする率のことですね。日焼けやシミの防止などで紫外線対策を考えるならUVカット率をよく見たほうがよさそうです。

涼しさと紫外線対策でどちらを優先するかを考えて遮光率とUVカット率を比較しましょう。

スポンサードリンク

UVカットの日傘と普通の日傘で効果はどれくらい違う?

じつは普通の雨傘でも黒いものなら90%程度の紫外線はカットできるそうです。普通の雨傘でも日差しを遮ることができるのである程度の紫外線はカットできるってことですね。

昔ながらの日傘は涼しさをもとめて白など淡い色を使うことが多く、黒に較べて紫外線をカットする率が下がります。最近はこれを補うため紫外線反射剤、吸収剤で処理してカット率を向上させています。

最近の日傘がおしゃれなのがいろいろと発売されているのは、紫外線反射剤、吸収剤で処理をしているのでデザインの自由度があるからということですね。

日傘で紫外線対策する効果

紫外線はアスファルトなど地面からの照り返しなどそれこそ四方八方から注ぐので、いくらUVカット100%でも対策万全とはいきません。

日傘の表側の色は紫外線反射剤、吸収剤で処理されている場合、気にする必要はありません。ただ内側は黒のほうが紫外線対策に効果が大きいです。白などでは地面から照り返される紫外線が反射/拡散してしまうからです。

さいごに

日傘の購入の検討にあたってのポイントはまず涼しさと紫外線対策でどちらを優先かにありそうです。涼しさなら遮光率、紫外線対策ならUVカット率を優先ですね。色は表側は気に入ったもので問題ありませんが裏が黒いものが紫外線対策にはおすすめです。

ただし、よりシビアに紫外線対策を考える場合は、帽子、サングラス、クリームなど複数の紫外線対策をとる必要があります。

スポンサードリンク

-健康
-,