生活

エアコン掃除を自分でやる方法!女性ができる手順。電気代も節約OK

エアコンの掃除って面倒ですよね。気になりつつ見なかったことに…なんて放置していませんか?エアコン内部の汚れは機能が低下するだけでなく電気代が高くなる原因にもなるんですよ。今回は女性が自分で出来る範囲のエアコン掃除の手順を紹介します。簡単なことも頻度を多めにすれば電気代節約にもなるし気分スッキリ快適にすごせていいコトずくめです。

スポンサードリンク
  

エアコン掃除の手順

女性が手軽に出来るということでやるべきはフィルターの掃除ですね。運転時の嫌な匂いはフィルターを月に2回くらい掃除することでかなり気にならなくなるはずです。掃除するときはエアコンの電源はコンセントからかならず外しましょう。

  • フィルターを外す前にパネル、フィルターに掃除機をかけ埃をとります。
  • フィルターを外し埃のつく外側から掃除機をかけます。(内側から掃除機をかけると目詰まりします。)
  • ペットの匂いやタバコのヤニなどベタつきが気になる場合は水洗いしましょう。
  • シャワーは内側からかけます。
  • とくに汚れが気になる場合は中性洗剤を薄めたり重曹を溶かした水を使って軽くブラシをかけるとよいです。
  • 日陰干しでしっかり乾燥させます。
フィルターの次は吹き出し口まわりですね。風がでてくる場所ですからここが汚れていると汚れた空気がでることになります。ルーバーの向きを調整しながら丁寧に汚れを拭き取りましょう。最後は洗剤などの拭き残しのないように仕上げましょう。

スポンサードリンク

綺麗になったフィルターをセットして送風で30分くらい運転させて内部が完全に乾いたら完了です。清潔で気持ちの良い風になっているはずです。

エアコン掃除のスプレー

東急ハンズなどに行くとエアコン掃除にのスプレーなどグッズがたくさん発売されています。

アルカリ電解水を使用したスプレーなどの使用ではカバーを外して右側などにある電装部品にかからないよう注意が必要です。電装部品が濡れると故障の原因となります。また汚れが内部で詰まったりする場合もあるので汚れが酷いと思われる場合も注意が必要ですね。

カビ防止にも吸気部分にセットするタイプやスプレーの抗菌剤を利用すれば、汚れの防止にもなりますね。

室外機のメンテナンス

エアコンの電気代を考えたら、室外機のメンテナンスもしっかり考えたいですね。というのも部屋の中のエアコンと室外機の温度差が大きいとそれだけ冷やす電気代も高くなるんですね。省エネを考えるなら室外機に専用カバーや植物を飾って室外機の温度が上がり過ぎないようにしておきたいですね。

さいごに

今回は女性が自分でできるという視点からエアコン掃除の方法を紹介しました。手軽なので頻度を多くすることで業者に頼む高い料金が節約できます。すでに汚れが酷くて…という場合はやはり業者に依頼されたほうが安心だしすっきりすると思いますよ。

スポンサードリンク

-生活
-,