食べ物

グレープフルーツの栄養と効能。おすすめの美味しい食べ方も紹介

グレープフルーツは、たんぱく質、脂質、ビタミン類、ミネラル類、ポリフェノール類、クエン酸など栄養が豊富に含まれます。健康や美容にはもちろんグレープフルーツ1個のカロリーは120キロカロリー程度なのでダイエットにも良い食材ですね。今回はグレープフルーツの栄養の効能や美味しい食べ方を紹介します。

スポンサードリンク
  

グレープフルーツの5つの効能

美肌

ビタミンCとビタミンCの吸収を促進するビタミンPが含まれます。ビタミンCはコラーゲンの生成を促すのでシミやそばかすの予防など弱った肌の改善に期待できます。ナリンギンはメラニン色素を抑える効果があるため美白の効能も持ちます。

そのほか後述する疲労回復、ストレス解消などで肌荒れの予防効果も期待されグレープフルーツだけで総合的な肌のケアができます。

疲労回復

酸味となるクエン酸は乳酸の分解するので疲労回復、筋肉痛の改善に役立ちます。

二日酔い

「抗脂肪肝ビタミン」と言われるイノシトールが肝脂肪を予防し肝臓の機能を正常に保ってくれます。アセトアルデヒドを分解するナイアシンの効能とともに二日酔いのケアに最適です。

ストレス解消

ビタミンCには抗ストレス作用も期待できます。皮の部分に多く含まれる香り成分のリモネンが気持ちを安定させる効能と合せストレスの解消に役立ちます。

スポンサードリンク

ダイエット効果

グレープフルーツダイエットが話題になりましたが、ダイエットに適した成分も多く含まれています。

脂肪の分解を促進する苦味成分のナリンギンやクエン酸、脂肪分解酵素リパーゼの分泌を促す香り成分のヌートカトンとリモネンといった成分です。クエン酸など血行促進し基礎代謝を上げる成分も多く含まれています。

水分が主でグレープフルーツ1個あたり120キロカロリーと低カロリーなこともダイエットに向いていますね。

グレープフルーツの美味しい食べ方

ダイエットで毎日グレープフルーツを食べるなら、半分に切ってスプーンで食べるとちょっと飽きちゃいますね。というこでわたしはサラダにして食べていますよ。

グレープフルーツにオリーブオイルを混ぜて塩コショウすればドレッシングいらずで美味しくいただけます。

ルッコラと合わせれば独特の苦味がアクセントになって美味しいですし、アボカドと合せるのもおすすめです。

とくにリフレッシュ効果というならフレーバーウォーターもいいですね。

デトックスウォーターは危険で効果ない?作り方に注意を!

さいごに

グレープフルーツには、紫外線の吸収を促進する「ソラレン」という成分も含むので紫外線を多く浴びる前には控えたほうが良いです。またお薬によって併用に注意が必要なものもありますのでお医者様の指示は守ってくださいね。

スポンサードリンク

-食べ物
-