食べ物

パイナップルの栄養の効能がたくさん。効果が期待できる食べ合わせは?

パイナップルといえばトロピカルフルーツとして日本の食卓にもすっかり定着してますね。パイナップルは栄養豊富でダイエットや夏バテの解消にもぴったり。今回はパイナップルの栄養の効能と栄養を活かしてくれるおすすめの食べ合わせを紹介します。

スポンサードリンク
  

パイナップルの栄養と効能

パイナップルはショ糖のほかブドウ糖、果糖など糖分を多く含みます。糖分が多いから太るっていう意見も多かったりします。ではなぜパイナップルダイエットなるダイエット法まであるのかといえばダイエットの効果が期待できる栄養素を多く含むからなんです。

糖分の他に含まれる栄養素として酸味の主成分となるクエン酸、ビタミンA、B1、B2、C、G、食物繊維そしてたんぱく質分解酵素のブロメラインなどがあります。

ダイエット

ダイエットという意味では食物繊維とブロメラインの効果が特に期待されます。食物繊維は便通を改善し便秘の予防や腸内の美化してくれるというよく聞く成分ですね。

ブロメラインというたんぱく質分解酵素にはお肉を柔らかくする効果があります。ポークステーキの付け合せや酢豚に入れられるアレですね。お肉の消化を良くしようということですが実はブロメラインは熱に弱く60度以上になると失われるといいます。このことから酸味と甘味を加えてるだけなんて意見もあるんですよ。お肉を柔らかくってことならあまり火を通さないことがポイントです。

このブロメラインは、お肉の消化を助けるだけでなく下痢や消化不良、腸内のガスがたまることなど消化器系のトラブルの改善効果もあります。食物繊維との相乗効果ですね。

糖分は多いですがカロリーは100グラム50キロカロリーほどでそれほど高くないのもダイエットに選ばれる理由でしょうね。熱に弱いってことですからブロメラインの効能を存分に!って方は缶詰でななくフレッシュなものを食べましょう。

美容

美容で注目なのはビタミンAとCでしょう。コラーゲンの生成を助けるため肌の再生に加え抗酸化作用によるシミやシワの改善など美肌・美白やアンチエイジングの効果が期待されます。

スポンサードリンク

疲労回復

エネルギーにすぐ使われる糖分が多いことやクエン酸、ビタミンCに疲労回復を促進効果があります。またビタミンB1は疲れや倦怠感の改善してくれるので夏バテ解消にも最適です。とくにお酒をたくさん飲まれる方はB1が不足がちなので意識して摂るようにしたいです。

パイナップルのおすすめの食べ合わせ

もちろん豚肉と合わせるのはおすすめです。ただ好き嫌いも多いですし毎日となると難しいですよね。今回は毎日でもOKのおすすめの食べ合わせを紹介します。

パイナップルと豆乳

脱毛ローションの組み合わせとして話題になりましたが、食べ合わせも良いんですよ。

豆乳は脂肪燃焼や整腸機能もありますが、ちょっとクセがきになりますね。そこでパイナップルの登場です。細かくカットして混ぜるか果汁100%のジュースと無調整豆乳を合わせるだけです。パイナップルの甘みで飲みやすくなるのはもちろん酵素が豆乳のたんぱく質を吸収しやすくしてくれますのでまさに相乗効果が期待できます。おすすめは毎朝コップ1杯を続けることです。腸内の美化に加え余計な脂肪がつきにくくなります。

パイナップルとりんご

パイナップルには不溶性食物繊維、りんごには水溶性食物繊維が含まれます。便秘解消には、この2つの食物繊維をバランスよく摂ることがいいんです。腸内が綺麗になりビタミンCの効能もあることで美肌の効果も期待大の食べ合わせです。

パイナップルとヨーグルト

ヨーグルトには不足しがちなカルシウムがたくさん含まれます。パイナップルに含まれるクエン酸はカルシウムの吸収をよくする働きがあります。ヨーグルトの乳酸菌とパイナップルの整腸機能の効果もあります。

パイナップルにヨーグルトをかけて食べるのはもちろん流行りのスムージーにしても美味しいです。ただしこの組み合わせはすぐ食べることが前提です。というのもパイナップルの酵素によりヨーグルトに含まれるたんぱく質が分解され苦味成分のペプチドにしてしまうからです。

デトックスウォーターにも最適です。
デトックスウォーターは危険で効果ない?作り方に注意を!

さいごに

熟していないパイナップルはシュウ酸を多く含みます。口や舌が痛いのはこのシュウ酸の影響です。追熟しないため食べ頃のものを購入してすぐ食べるのが一番です。

スポンサードリンク

-食べ物
-