食べ物

栗の栄養には5つの効能が!カロリーはダイエット中でも大丈夫?

栗には豊富な栄養が含まれていますが、太るって人も太らないって人もいます。良い効能があるっていってパクパク食べてカロリー大丈夫かなって心配になりますよね。今回は栗に含まれる栄養の効能とダイエットについて紹介します。

スポンサードリンク
  

栗の栄養と効能

栗には甘みのもとにもなっているでんぷん質のほかにビタミンA、B、Cやカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛といったミネラル、食物繊維をバランスよく含みます。渋皮にはその渋みのもととなるタンニンというポリフェノールの一種も含まれています。豊富な栄養の効能としては次の5つがあげられます。

疲労回復

ビタミンB1はエネルギー代謝を助け疲労回復に大きな効果が期待できます。栗にはエネルギーの元となるでんぷん質も多く含まれます。

美肌効果

ビタミンCはコラーゲン生成を助けることで皮膚や粘膜の再生を助けます。必須アミノ酸の一種のLシステインという成分はメラニン色素の生成を抑制する働きでシミをできにくくしたり、シミを薄くする作用があります。

高血圧を予防

カリウムは体内の余分な塩分を排出を助けてくれます。カリウムはたくさん摂っても体の中に蓄積されないので毎日の食事でしっかり摂りたい栄養です。

便秘の解消

食物繊維は体内の不要物を排出することを促し腸内環境を整える効果があります。食物繊維はさつまいもより多く含まれるんですよ。

老化防止

老化防止ビタミンとも言われるビタミンB2に強力な抗酸化作用を持つタンニンは老化の原因となる活性化酸素を除去してくれます。

スポンサードリンク

カロリーはダイエット中でも大丈夫?

栗のカロリーは、大きさにもよりますが1粒20~35キロカロリー程度になります。5粒食べるとお茶碗1杯くらいのカロリーになるってことですね。代表的な栗料理のカロリーはこちら。

  • 栗きんとん(約85キロカロリー)
  • 渋皮煮(約45キロカロリー)
  • 栗の甘露煮(約30キロカロリー)
  • 天津甘栗(約20キロカロリー)
こうしてみると結構カロリーが高いことがわかります。栗が太るっていう方がいるのも納得ですね。そうはいってもダイエットや美肌の効能があって推奨できることも事実です。

効果的な食べ方は?

カロリーの高い栗ですが、脂肪は少ないんです。脂肪が体内に蓄積すれば肥満の原因となるわけですからこのことからも栗がダイエットに向く食材といえます。

さつまいもダイエットが一世を風靡しましたが、これはご飯やパンなどの主食をさつまいもに置き換えるってダイエット方法でしたね。栗でも同じ要領で考えれば大丈夫です。栗ごはんなんてまさにそうですよね。栗を入れることでご飯の量が減るわけですし。

一番のおすすめは、血糖値が下がりがちな 午前中に6粒程度を摂ることです。食物繊維も多く適度な固さでよく噛むこともあって満腹感があるのでお昼のランチをダイエットメニューにしても平気になりますよ。血糖値が低いと脳の活動が低下してぼんやりしたり眠くなったりします。集中力もアップにも良いんです。

さいごに

ダイエットで食事制限するときは、天津甘栗をバッグに忍ばせておくとよいですよ。食べ過ぎなければこれほど力強い味方はいません。

栗の食べ方。ゆで方や保存方法を工夫すれば栗はもっと甘く美味しい!

スポンサードリンク

-食べ物
-